.

日本料理の伝統の技をたたえた、卓越したダイニングを体験

世界中に数多く広がる アマンの目的地 に間もなく加わる予定のNAMAは、ユネスコ無形文化遺産に登録された日本の和食の伝統を守っています。和食とは、料理を長い年月をかけて完成される芸術の形式へと高めた、調理のスタイルです。的場圭司の監修のもとに提供されるNAMAの料理には、近隣で手に入るなかでも最も上質の食材に焦点を当てるという、その土地に対する強い想いが込められています。アマンプリでは、プーケット近海で獲れたばかりの魚介類をはじめ、生き生きとした有機栽培の農産物、大阪や京都から直接調達した特別な食材を用いてこのコンセプトを実現しています。

 

日本語で「生」を意味するNAMAは、和食という料理の芸術をアマンにもたらします

マスターシェフ的場圭司のビジョンに導かれたメニューには、巧みに造られた刺身や寿司などがあり、それは味の本質を前面に出す技術を活かして丹念に用意されています。

 

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食の秘密は、そのシンプルさにあります

和食を作る工程は複雑ではあるものの、その目的は、古代から続く日本の職人技と新鮮な味覚を組み合わせ、1つ1つの食材のもつ本質的な味わいをもたらすことにあります。

 

マスターシェフ的場圭司は、彼独自の手法を用いて道を切り開いてきました

21年に渡るキャリアを通じて、的場は和食の芸術を世界に広めてきました。地元の食材と各国の味わいを組み合わせるその技は、彼の象徴となりました。

 

アマンプリ NAMA

熱帯のプーケットは食材が豊富に揃う環境ですが、専門家による特別な産物は日本から直接調達することで、本場の味を追求した正統な料理をお届けすることができます。刺身、寿司、和牛は、NAMAの魅力的なメニューの中でも特に注目の逸品です。

ご予約

ご宿泊以外のお客様もご利用いただけます

NAMA

ランチ 12.00 - 15.30
ディナー 19.00 - 23.00

ラストオーダー 22.30

11月1日から5月10日は季節的に営業

12月24日と12月31日は休業いたします

電話: +66 76 324 333 Eメール: amanpuri@aman.com