ナマ

日本の味

アマンプリの特徴的な階段の上の高台に位置するレストラン「ナマ」は、アンダマン海の息を呑むような景色でお客さまを魅了します。先見的なビジョンで定評のある建築家、隈研吾氏によって伝統的な魅力と現代的な特色が調和がしたレストランに生まれ変わり、居心地の良い居酒屋スタイルの座席やおまかせカウンター、中央には日本の銘酒が並ぶ日本酒バーを備えています。

ナマは、日本古来の食文化を現代風にアレンジし、日本の旬の食材と地元プーケットの食材を組み合わせて、非常に繊細でバランスのとれた料理を作り出しています。

amanpuri-nama.jpg amanpuri-nama.jpg amanpuri_thailand_-_dining_nama_omakase_counter_bar_table_setup_andaman_sea_panorama.jpg

和食の芸術

日本語で「生」を意味するレストラン「ナマ」では、ユネスコ世界遺産に登録されている日本の伝統的な和食料理をお楽しみいただけます。和食は料理を芸術の域にまで高めた料理のスタイルで、その域にまで到達するには長年の修行が必要です。絶妙に作られた寿司と刺身は、最高級の季節の食材を使用したメニューのメイン料理であり、素材の持ち味を前面に出して調理されました。

シンプルさの中にある美しさ

和食の美味しさの秘訣は、料理人が食材を理解し、料理の各食材のエッセンスをどのように捉えて、活かしていくかにあります。その結果、すべての料理で美しく端正でバランスのとれた味が生まれます。調理の過程は非常に複雑ですが、和食は本質的にはシンプルさを礼讃するものです。

土地の恵みを味わう

専用の食材を大阪や京都の市場から直接仕入れているため、本場の味を忠実に再現しています。炭火焼和牛や銀鱈などの本格的な日本料理に加え、プーケットの熱帯地方の環境下で仕入れた、新鮮でひときわ優れた食材をお楽しみいただけます。

おまかせ体験

おまかせ料理とは、料理人とゲストとの深い信頼関係のもと、料理人に敬意を表した伝統です。日本語で「おまかせ」とは「料理人にお任せします」という意味で、お客さまを料理の奥深い世界へと誘います。旬で新鮮な絶品の食材を生かした献立を考案し、一皿一皿に情熱を込めてご提供します。



ナマのおまかせ料理は、水曜日から日曜日まで、毎晩午後6時または午後8時半の2回、料理人がお客さまの目の前で料理の腕を振るいます。限られた客席の中で、お客さま一人ひとりへの配慮が行き届いた特別な料理をご堪能いただけます。

  • ディナー: 午後6時〜午後11時
Amanpuri Nama

おすすめの新しいエクスペリエンス

職人指導による寿司作り体験

熟練の寿司職人の指導の下、寿司作りを体験することができます。寿司作りは正確さと技術を必要とする芸術であり、完璧な手巻き寿司を作るプロセスを丁寧に指導いたします。最高級のネタの選び方から、シャリの準備の仕方や魚のさばき方まで、寿司職人の世界を垣間見ることができます。

お問い合わせはこちら

Nama is open to Aman guests and non-residents (subject to availability)

Closed on Mondays and Tuesdays