客室とパビリオン

アマン京都の客室とパビリオンは、いずれも日本旅館に受け継がれた伝統を踏襲しながらモダンに昇華させ、自然の景観を最大限に尊重しています。木のぬくもりを感じるミニマルなインテリアは自然光に溢れ、静かで落ち着いた空間です。森に溶け込んだ建物の客室では、壁一面の窓から林や庭の景観を、また、高台のパビリオンからは、楓や杉などの樹々、そして近郊の山々をお楽しみいただけます。畳や床の間で構成される落ち着いた空間、そして檜風呂は、穏やかに流れゆく古都の時間の中で、皆さまをゆったりとした非日常へお誘いいたします。