エクスペリエンス

Aman Tokyo Experiences

アマン東京が位置する大手町や丸の内エリアは、徳川家康による、一大都市「江戸」の建設の中心となった場所です。やがて大名屋敷が連なる武家の町となり、日本の商業・文化の中心地として、江戸、そして東京の発展に重要な役割を果たしてきました。江戸時代の名残を残した日本の中心地としてのダイナミックなロケーションをお楽しみください。

Aman Tokyo Tea Ceremony Experience, Aman Tokyo, Japan Iaido, Experiences at Aman Tokyo, Japan

江戸時代からの歴史​

アマン東京から数ブロックの位置にある外苑の森の景色やお濠の石垣は、江戸時代からの歴史を感じさせます。東京の中心にある江戸城跡には数世紀に渡り広大な土地が残され、世界で最も人口の多い都市に貴重な緑豊かな環境をもたらしています。​

日本の自然を表した壁​

左官とは、はるか昔から行われていた壁塗りの技巧です。日本でも稀な技を極めた左官職人である挾土秀平氏により、古代と現代の手法を独自に組み合わせて創り上げた、日本の自然の本質を表現した壁の芸術をアマン東京のレセプションやエレベーターホールにてご覧いただけます。​

日本の侍の精神を学ぶ​

居合道の技を学ぶプライベートセッションでは、刀を使う動作や侍の礼儀などを体験します。居合道の紀元は450年前、武士道精神を基に古武道の刀術を改良し現代武道化したもので心身鍛練を目的としています。勝負は刀を抜く前にすでに決まるとされている心得を学びます。​

現代書道​

アマン東京の客室に飾られている 「書」 は、ご宿泊されるお客さまに、その文字からさまざまな光景を思い描いていただき、心地よいひとときをお過ごしていただくために制作されています。書道としての完成度と、デザイン力や感性を併せ持つ書家だからこそ制作できる特別な作品は、見る人の心の中に美しい風景と情景が広がります。客室の書を制作した書家とともに、日本文化の神髄である余白の美の表現法を取り入れ、飾ることで“心の中に美しい風景が広がる書”を制作していきます。

アマン東京ジャーニー

アマン東京では、国内外のお客さまに、日本において昔から現代に至るまでに培われてきた多様な文化をご体験いただくことで、アートや工芸、それを支える職人たちの文化を継承し未来へつなげることへの一助になればと思っております。料亭や相撲、あるいは現代アートギャラリー巡りなど、江戸から東京に伝わる文化を、様々なパートナーとともに独自に「アマン東京ジャーニー」としてご紹介してまいります。

 

相撲部屋体験

相撲は1500年以上続く日本の国技です。普通では足を踏み入れることのできない神聖な稽古場で、迫力ある現役力士の稽古を見て聞くことは、通常体験できない世界です。力士との交流、実際にまわしを締めての相撲体験など、そしてガイドによる相撲の歴史についても学んでいただけます。

Featured experiences