アンコール遺跡群

アンコール遺跡群の玄関口、シェムリアップに佇むアマンサラでは、ゲストエクスペリエンスの一環として、様々な寺院ツアーや、プライベートツアーをお楽しみいただけます。アマンサラ所有のレモルク(原付リヤカー)による英語ガイドツアーも複数ご用意しております。

Amansara Experience Amansara Experience Amansara Experience

世界遺産アンコールワット 

日の出に輝くアンコールワット寺院の雰囲気は、ことさら格別です。
午前4時30分にモーニングコール、午前5時にアマンサラを出発し、朝日の中をレモルク(原付リヤカー)で東参道へ向かいます。ガイドの案内に沿って、森林の道を抜けて入口のゲートをくぐり、アンコールワット寺院の1階から2階までを見学した後、自由行動となります。すべてが順調に進めば、ほとんど観光客のいない静かな環境で、美しい黎明を目の当たりにできるでしょう。 

タ・プローム 

切り出しの石に迫るように、ジャングルのパンヤノキやイチジクの大木の根が絡むタ・プロームは、アンコール遺跡群の中で最も観光客の人気が高く、写真映えのする寺院です。タ・プロームの建立当時は、アプサラの踊り子が615人住んでいたことが碑文に刻まれています。悠久の時を超えて佇むタ・プロームは、輝くような光の中で、人間と自然の交わりを目の当たりにする稀な機会を提供しています。 

アンコールのジャングルトレッキング  

何千年もの間、秘密の遺跡として保護されてきたアンコール寺院をとりまく古代の森林を巡り、樹木や蔓性の植物をはじめ、希少な植物の観察を楽しむガイド付きハイキングツアーです。地元の野生生物や薬用ハーブ、森の果実などに詳しいアマンサラのガイドが、秘密のトレイルをご案内し、別の角度からアンコールの歴史に迫ります。

コンサベーション ダンコール 

アンコール遺跡保存所(Conservation D’Angkor)は、アンコール石窟寺院からわずか1km、アマンサラからレモルク(原付リヤカー)でわずかの場所に位置しています。この遺跡保存所には、6,000点を超えるクメール美術品が収蔵されています。毎年、何千人もの観光客がアンコール遺跡を訪れるにも関わらず、遺跡保存所の見学を許可される方は稀です。 

アマンサラでは、遺跡保安所の見学をご希望の方に、プライベート見学の手配を行っています。南京錠がかかった倉庫に入ると、悪魔や神々の石彫りの頭をはじめ、石彫りの仏像、巨大なシヴァリンガム、数百に上る繊細な木造彫刻などをつぶさに見ることができます。どれも、ジャングルで何世紀もの時を生き延びた希少な美術品です。歴史的な美術品に身近に触れる特別なひとときをお楽しみください。 

おすすめのエクスペリエンス