アクティビティ

トラの楽園、ランザンボア国立公園のはずれにある原野に位置する
アマニカスは、歴史と自然との繋がりを有する静寂な隠れ家です。

アクティビティ

ムガル風のテントキャンプ、アマニカスはランザンボア国立公園の端にある起伏の多い茂みに
位置します。この公園はトラ、ワニ、ヒョウ、ジャッカル、サンバー鹿、300種もの鳥の住みかで
あると共に、インドで最も古い城の1つであるランタンボール城の所在地でもあります。
近くにはインドで最もドラマチックといえるカンダール城塞もあります。公園のはずれにある村を
ラクダに乗って探検したり、バナス川の川床でバードウォッチングを楽しむこともできます。

 

2015年夏にランザンボア国立公園
内で生まれたばかりのトラの子が
発見されています

60頭以上へと個体数を増やしつつある
トラの子どもと母トラを目撃しましょう。

 

毎日2回開催される探検
ツアーではオープントップ
の車に乗って野生動物を
探しに出かけます

かつてジャイプール領主の狩猟地で
あった公園は、1955年以来自然保護区と
なっており、野生のトラを見るのに
最適な場所の1つとなっています。

 

3方の絶壁に保護された
ランタンボール城にはジャイナ教
とヒンズー教の寺院、かつての
宮殿、チャトリ、貯水池など
様々な見どころが点在します

車で少し移動したところにあるカンダール城塞は
平野から300メートルも切り立つ崖の上にあり、
岩でできた城門、そして寺院、宮殿、家屋へと
続く道は千年に及ぶ歴史を物語っています。

 

古代の城門をくぐり
ランタンボール城の細い
道に入ると時がゆっくりと
流れるのを感じます

ヒンズー教とジャイナ教の神が
祀られている象の神殿で止まります。
帰りには何百年も前からの暮らしが
営まれる田舎町に立ち寄ります。

特別なリクエスト

アマンの専属チームが、どのようなご要望にも対応いたします。
ご旅行前のご相談から現地でのサポートまでお気軽にお申し付けください。